案内

時代と共に上がる性能|ドアノブ修理や鍵修理でマイホーム安全

セキュリティの意識

逃走

複数施錠とする場合、鍵は同一のものを使います。つまり、一つ解錠することができるのであれば他の鍵も同様の手順で解錠できるということになります。鍵を選ぶ時にはセキュリティ性を意識して選ぶことが大切です。

セキュリティの要

警備員

セキュリティの中心は、玄関です。施錠されたドアノブは、簡単には開きません。それこそ、鍵を持っている人以外が開けようとすれば、かなりの労力がかかります。そしてもちろん、それは犯罪です。処罰の対象となるため、社会的なリスクもはらみます。このことから、ドアには鍵をかけておけば安全である、という考え方に結びつきますが、必ずしもそう言い切れるわけではないのは、現状が証明しているとおりでしょう。きちんと施錠をしたドアが、必ずしも安心に値するものであるとは限りません。鍵に頼らない施錠の方法なんていくらでもあります。それと同時に、施錠の要が「鍵」であり、そのドアで通じている建物の「所有者」ではない、というところがミソです。時代と共に上がる性能に感謝しながら、取り入れていきましょう。

簡単に言えば、その建物の所有者であっても、施錠に用いた鍵をなくしてしまったり、あるいは破損させてしまえば、解錠することができなくなります。つまり、建物に簡単に入ることができません。鍵を紛失してしまったのなら、再度の作りなおす必要があり、ドアノブが壊れてしまったのならドアノブ修理をする必要があります。とは言え、簡単に鍵の再発注やドアノブ修理ができるものではありません。もし簡単に作り直せたり、修理できたりすれば、それはセキュリティ性能が乏しいという意味になります。なぜなら簡単に、第三者が複製できるからです。それでは施錠の意味がありません。鍵の製造、そして修理は、専門的な分野の知識、そして技術が必要になります。再発注や修理が必要になった際には、その専門分野に携わる職人や業者に依頼することになります。

施錠の種類

セキュリティシステム

ここで、三種類の施錠の方法をご紹介します。現在一般的に使用されている鍵には多くの種類がありますが、ディスクシリンダーキーとピンシリンダーキー、ディンプルキーが一般的となっています。

複数施錠でさらに高度に

監視カメラ

現在使用している鍵のセキュリティレベルが低いのであれば、できるだけランクが高い鍵に交換する必要があります。それでも不安という人は、ドアノブ交換や修理をしておくのも1つの方法です。